めったに使わないものの収納と、もっと使いたいものの収納

よく使うものを優先的に「出し入れしやすい場所」に収めていると、あまり使わないものは追いやられて「出し入れしづらい場所」に収めることになりますよね。

たとえば、わが家の白木の曲げわっぱを洗うための亀の子束子は、お弁当箱を使う頻度と同じく、月に1回あるかないか。

「出し入れしやすい場所」が空いていれば、そこに収めればいいけれど、狭いわが家にそんな余裕はありません(汗)。必然的に、それより「出し入れしづらい場所」に収めることになります。

 

いまのキッチンだと、シンク下の引き出しの↓

よく使うキッチンペーパー&バット類を、かさ上げ収納しているコの字ラックの↓

旧居から使い回しているラックは無印のもの↓

【無印良品 公式】アクリル仕切棚・大 約幅26×奥行17.5×高さ16cm

さらに下のボックスに、普段あまり使わない掃除道具類と一緒に収めています↓

……もちろん、出し入れしづらいです。

でも、月に1回あるかないかのこと。

亀の子束子をスミに追いやることで、よく使うものが出し入れしやすいなら、ここは我慢の価値ありだと思っています。

 

その逆で、スミに追いやっているが故に、「もっと使いたいのに使用品度が上がらない」というものもありますよね。

たとえば、白木のお弁当箱を洗うためだけに購入した、カネヨクレンザー。月に1回使うかどうかなので、なかなか減りません(汗)

過去記事:
>>>柴田慶信商店の白木の曲げわっぱを洗うときは「クレンザーとたわしでゴシゴシ」

 

これまでは、キッチンから少し離れたところにある納戸(ストック置き場)に収納していたため↓

使える場面でも、どうしても面倒で取りに行かないんですよ(汗)

 

それで先日、このクレンザーに1軍デビューしてもらうことにしました。紙のボックスのままだと扱いづらいので、ステンレスのふりかけ容器に詰め替え、食器洗い用洗剤の横にスタンバイ↓

蓋付きなので、水がはねても大丈夫◎ グリーンの「ふりかけ」シールは剥がせます↓


遠藤商事 業務用 調味缶 ロング (アクリル蓋付)

鍋やボウルにクレンザーをパラパラとふりかけて磨き洗いするようになったら、いい感じで使えるようになっただけでなく、洗い終わった後がピカピカに!(←そのためのもの)

 

「たかが収納」ではあるけれど……そこには、人の動きをコントロールするパワーがあると、改めて感じる今日この頃なのでした。

収納の法則 その他生活ブログ・テーマ
収納の法則

こちらも参考に↑

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ  

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です