柴田慶信商店の白木の曲げわっぱを洗うときは「クレンザーとたわしでゴシゴシ」

数年前、大館市のふるさと納税で柴田慶信商店の白木(無塗装)の大館曲げわっぱをいただいきました。

それとは別にウレタン塗装の曲げわっぱも持っていて、もちろんそれも悪くはないのだけれど、まったく別物だと感じます。

ウレタン塗装の曲げわっぱもほんのり木の香りはするのですが、当然ながら塗装されているため水分を吸いません。

それが無塗装の曲げわっぱは、呼吸するように水分を吸うんですよ。だから時間がたってもごはんがべたっとせず、ほろっとおいしいまま食べられます。まるで小さなお櫃のよう。

でも、水分を吸う無塗装ゆえに洗い方は特殊です。

その方法は、

研磨剤が入ったクレンザー(磨き粉)で白木の表面を磨くように、新しい木肌を出す気持ちでタワシを用いて洗ってください。

重曹、漂白剤、中性洗剤のご使用はお避けください。

というもの(柴田慶信商店のHPより)

 

最初は、「水を吸う白木にクレンザー?!」と驚きましたが、実際に洗ってみて納得。

ゴシゴシこすると、赤しそふりかけやカレー粉の色が移ったシミがきれいに落ちるだけでなく、木目が詰まってサラッとカサッと洗い上がるんですよ。

クレンザーは「カネヨクレンザー 赤函」を愛用中。

スーパーで見かけ、そのボックスデザインに惹かれて(しかもほかの商品よりずっとお安い)持ち帰ったものですが、商品そのものもきちんとしていました(信用していなかったわけではないけれども)

はじめは紙箱で「フタ」がないので、湿気ないかな?と心配したのだけれど、シンク下の引き出しに収納した状態で一年以上、使っても大丈夫みたいです。

Amazonにもあるーーっ!


カネヨ クレンザー 赤函 350G

……と、ブログに書いてみようと思ったのは、実は6月も在宅勤務継続(!)が決まった夫が昨日、「どうしても」の用事で出社するというので、お弁当を詰めたから。

夫はめったにお弁当を持っていかないのですが、持っていくときは必ずこのお弁当箱ご指名です。

一日中「食べること」を考えている美味しいもの好き(夫)が溺愛するってことは、よっぽどなんだろうな。と思って、メンテナンス担当として記事にまとめてみた次第です(メンテナンス担当か!)

うちの曲げわっぱはこれのもう少し小さいサイズだと思われます↓

【柴田慶信商店】曲げわっぱ 手の平弁当箱 大

『曲げわっぱ』でお弁当♪ 料理ブログ・テーマ
『曲げわっぱ』でお弁当♪

こちらも参考に↑

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ  

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です