「HARIO」のV60ドリッパーと「KINTO」のサーバーがひとり分のコーヒーを淹れるのにちょうどよかった件

10年以上、ほぼ毎日、コーヒーはケメックス(6カップサイズ)でたっぷり淹れていました。

ここ数年、愛用しているのは、木製カバー付きのものではなく↓

ガラスハンドルのもの↓

ガラスハンドルなら、丸ごと食洗機に入れて洗えるので(←荒技)ラクなんですよ(木製ハンドルのものは取り外しが面倒……)

 

でも、最近コーヒーを飲む頻度が減り、飲むときは一球入魂でそのとき飲む分だけ(ひとりのときは一杯、夫も飲むときは二杯)淹れるようになりました。

そうなると、6カップのケメックスは大きすぎる(汗)

自宅のコーヒーがカフェ並みに美味しくなる?! Timemore(タイムモア)のコーヒースケール

というわけで、ケメックスは一旦おやすみして、1〜2杯用のドリッパーとサーバーを使ってみることにしました。

選んだのは、「HARIO(ハリオ)」のV60透過ドリッパーと「KINTO(キントー)」のコーヒーサーバーです。

三まわりくらい省スペース!

V60ドリッパーはお湯の注ぎ方で味が変わりやすいため、どちらかというとハンドドリップ中級者向けとのこと。それより初心者に優しいのが「Kalita(カリタ)」の ウェーブシリーズで、誰が淹れても味が安定しやすいのだとか。

そんなこんなの情報を、いろんなコーヒーブログ(←たくさん情報発信してくれている人がいる)や雑誌↓などで仕入れたうえで、あえて!中級者向けドリッパーを選択っ。

ちょっとむずかしい?ことのほうが楽しそうだったからです^^

案の定、わたしよりハマったのが夫で……毎日楽しそうにコーヒーを淹れております(←ドリップの腕もメキメキ上達中)

最近は週末ごとに、近所で美味しいと評判のコーヒー豆屋さんを巡りつつ、あれやこれやと試したりして。

もはやコーヒーのハンドドリップって、大人にとっては一種の趣味……というか遊び?だったりするんですね。奥深し!

珈琲、コーヒー 料理ブログ・テーマ
珈琲、コーヒー

こちらも参考に↑

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ  

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

片づけコンサルティングのご案内

コンサルティングに関するお問い合わせ、ありがとうございます。
現在、新規のお客様宅への訪問をお休みし、オンラインでご相談をお受けしています。

●「Zoom」を利用したテレビ電話でのコンサルティング
16,500円(税込)/2時間30分程度

●オプション)ご提案内容をまとめたプランシートをご希望の場合
+ 16,500円(税込)

詳細&お申し込みはホームページで
>>> key space

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です