ビカクシダ(コウモリラン)の板付けがうまくいかない理由と対策

5年ほどまえ、ビカクシダ(コウモリラン。ビフルカツム)を板付けにしました。

コウモリラン(ビカクシダ)を板付けしてみました

しばらくは順調に育っていたのだけれど、なんともかんともうまく育ちません。その理由と対策を考えてみました。

■ ビカクシダの板付け失敗の理由(1) 意外と日光好き

ビカクシダって、コウモリランという別名があるくらいだから、「シダとかランとかを育てるように扱えばいいのかな」と思っていたのだけれど、どうやら微妙に違う模様。

実際には、ビカクシダはシダやランよりずっと日光好きですよね。日のあたらない明るい場所(=胡蝶蘭がよく育つ場所)に板をかけていたら、だんだん元気がなくなってきました(涙)

■ ビカクシダの板付け失敗の理由(2) 片側だけ成長する

ほかの植物と同じで、ビカクシダも光に向かって葉を伸ばします。なので、窓の「横」に板をかけると、光に向かって片側だけ成長するという当然の事実……(汗)

鉢なら、その場で回転させて光を調整すればいいけれど、板付けだとむずかしいっ。窓の反対側に板を移動できればいいんだけど、必ずしもそうできるわけでもなく……。

■ ビカクシダの板付けに変わる「ハンギング」での育て方

そんなこんなで、板付けのビカクシダってかなり置く場所が限られるということに、実際に育ててみて気づきました。

そこで、「壁にかける」という制約から自由になるため、板から外して明るい窓際にハンギングすることに↓

株元に水苔を含ませ、麻ひもで巻いてお団子状にして、カゴ型プラントハンガーに入れています。

ここなら日に当てやすいし、ときどきくるくる回して成長のバランスをとることも可能です。板がないのでこのままザブンと灌水しやすくなったのもよかった^^

板付けではなかなか上手に育てられなかったビカクシダですが、カゴ住まいになってからむくむくと元気をとりもどし、葉もしげしげしてきました。

植物って手をかけると、素直にかえしてくれるから癒されますよね^^ これからもすくすく育ちますように。

インドア&インテリアグリーン 花・園芸ブログ・テーマ
インドア&インテリアグリーン

園芸・ガーデニング 花・園芸ブログ・テーマ
園芸・ガーデニング

こちらも参考に↑

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ  

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

片づけコンサルティングのご案内

コンサルティングに関するお問い合わせ、ありがとうございます。
現在、新規のお客様宅への訪問をお休みし、オンラインでご相談をお受けしています。

●「Zoom」を利用したテレビ電話でのコンサルティング
16,500円(税込)/2時間30分程度

●オプション)ご提案内容をまとめたプランシートをご希望の場合
+ 16,500円(税込)

詳細&お申し込みはホームページで
>>> key space

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です