タイミングを合わせるのをやめたら、家事がラクになりました

若かりし頃は自称「完璧主義者」だったこともあり、片づけでも掃除でも「やるときは徹底してやる」派でした。

それがいつしか、何事も完璧にこなす必要はないと感じる場面が増えてゆき、「まぁ…いっか」と割り切ることにも慣れ……(老化?)

それでタイトルにあるとおり、家事のタイミングをきっちり合わせるのをやめたら、すごくラクになった次第です。

たとえば、以前なら(以前といっても10年以上前だけど)

  • ベッドシーツの洗濯は、休日まとめていっきに。その日の夜、シーツ類すべてピカピカすべすべの状態で眠りたい。
  • お風呂掃除は、家族みんながお風呂に入った後で。掃除をした後は、翌日お風呂に入るまでキレイにしておきたい。

みたいなことがありました。

 

でも、そうやってタイミングを合わせようとすると、家事のハードルって一気に上がりますよね?

ベッドシーツであれば、ぜんぶ乾くまでに何時間もかかって休日が台なしになるし、お風呂掃除であれば、みんながお風呂に入るまで取りかかれなくてジリジリするし。

 

ところが、タイミングを合わせなくていいとなると、

  • 忙しいときは「今日は布団カバーだけ」「明日はボックスシーツとベッドマットだけ」など、シーツ類を小分けにして洗う。
  • お風呂掃除は、自分(=お風呂掃除担当)が入った直後にする。その後、誰かがお風呂に入る場合は湯船は洗わない(明日でいい)

みたいなことができます。

 

それでキレイな状態を保ちづらくなるかというとそうでもなくて、ひと月、いち年単位で見たら、タイミングを合わせても合わせなくても、均せばキレイ度合い(汚れ具合)はだいたい同じでした。

だったら無理してタイミングを合わせなくてもよかった……。

 

とくに完璧主義な人は、無理な「タイミング合わせ」を、仕事でも、片づけでも、家事でも、ついやっちゃいがちですよね。ぜーんぶ完璧に仕上げて「完成!」にしたいから、根を詰めてがんばっちゃう。完璧にできないならもういっそのこと「まったくやらない!」みたいな……。

わたしもそうでした(汗)

でも、いっぺんに100を目指さなくても、50+50でも、20+20+20+20+20でも結果は同じだし、それが50でも20でもなんだったら1でも、ぜんぜんやらない0より100に近いと割り切れるようになると、なんだか色んなことがラクにスムーズに進められるようになった気がするのでした。

そう考えると 老化 脱・完璧主義も悪くないかもしれないと思う今日この頃です。

家事が楽しくなるモノ・工夫 その他生活ブログ・テーマ
家事が楽しくなるモノ・工夫

こちらも参考に↑

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ  

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です