「子育てにちょうどいいミシン」で最初につくってみたもの

子どもの給食用ランチョンマットをそろそろ交換したいのだけれど、なかなか気に入るものが見つかりません。

なんだったら手縫いでつくろうかとも思ったものの、袋系とちがって「縫い目」が表にでるものは、気持ち的にハードルが高い…(縫い目が適当なので…汗)

creemaの作家さんに個別に相談してみようか……とか、もじもじしていたとき、たまたまGo Andoさんが「#今年買ってよかったもの」としてnoteで紹介されていた「子育てにちょうどいいミシン MM-10」を目にして、衝撃を受けました。

この記事:
今年買ってよかったもの / 沈滞、そして再生への2020年|Go Ando / THE GUILD|note

 

どう衝撃的かというと、

  • 見た目がシンプル(オールブラック)
  • 小さい(幅29.4×奥行11.5×高さ26.5cm)
  • 軽い(約2.1kg)
  • お安い(税別10,000円)
  • 日本の老舗ミシンメーカーが開発している(信頼できそう)

必要最低限の機能にしぼったことで実現した価格&サイズだそうです。

そんなわけで、いざ購入!

一時期ずっと在庫切れだったみたいだけど、最近落ち着いてきたようで、ほとんど待たずに購入できましたよ。

オプションで刺繍キットもあり↓

刺繍キット 子育てにちょうどいいミシン専用【メール便】

 

しまい込むと使わなくなりそうなので、少し雑誌を整理して、リビング横に置いている無印良品のスタッキングシェルフにしばらく置いてみることに。

シェルフの奥行が28.5センチに対して本体の長辺が29.4センチなので、直置きすればギリギリ縦に収まります。

ご参考までに、同じく無印良品のポリプロピレンファイルボックス・ワイド(幅15×奥行32×高さ24センチ)にすっぽり収まらなくはないものの……。

うえから見るとバッチリ◎↓

よこから見ると、ちょっとだけ頭が出ます↓

 

そんなわけで、動作確認を兼ねて、手持ちの布でミシンカバーをつくりました↓

せっかくのシンプルな見た目が台無しですが(汗)、オープンシェルフの最大の敵、ホコリ対策ということでひとつ……。

 

テストを兼ねてちょこっとつかってみた感想は、「価格を考えたら十分な操作性!」でした^^ 軽い分、チャチさはありますが、それが取り回しやすさに繋がっていると考えると、ちょうどいいバランスだと思います。ほとんど直線、ときどきジグザグくらいなら、まったくもって問題なし!

つぎはいざ、給食用ランチョンマットの手作りに挑戦ですっ。布はあるので、ミシン糸を準備せねば〜

ミシン ハンドメイドブログ・テーマ
ミシン

こちらも参考に↑

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ  

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です