ゼロから防災備蓄を始める人は、何から準備すればいい?1日の必要量の計算方法は?

以前、防災士の方に「ゼロから防災備蓄を始める人は、何から準備すればいいですか?」と尋ねたことがあります。その方は、

「まずは、飲料水から」

と仰っていました。

大人1人が必要な飲料水は、1日3Lが目安です。

 子どもの場合

  • 新生児:50~120ml/kg
  • 乳児:120~ 150ml/kg
  • 幼児:90~100ml/kg
  • 学童:60~80ml/kg

(例:小学1年生20kgの場合、80ml x 20 = 1,600ml/日)
出典:子どもは大人以上に水分が必要! | エビアン evian

犬さんの場合(諸説あります)

  • 50~60ml/1kg

(例:10kgの犬さんの場合、60ml x 10 = 600ml/日)
出典:水の飲み過ぎもよくない?犬の1日の摂取適正量ってどのくらい?【動物看護師が徹底解説!】|いぬのきもちWEB MAGAZINE

だそうです。

わたしは、飲用水はローリングストックではなく、完全に防災用として分けて、ベッド下の収納スペースに保管しています。

以前は一般的なペットボトルの水を保管していたのですが、水って意外と賞味期限が短いんですよね。

ストック入れ替え頻度が高くて負担が大きかったため、今は賞味期限が5年ある防災備蓄用の水をストックしています。

個人的なこだわりは、防災備蓄用といえども「ミネラルウォーター」を選ぶこと。

ミネラルウォーターではない「5年保存水」をストックしていたこともあるのだけれど、賞味期限が近くなって実際に飲んでみたら青汁並みに「マズイ!」と驚いたことがあるからです。

(美味しい商品もあると思いますが、なにぶん賞味期限が長くて試す機会が限られているため、見つけられません)

……そんなわけで、現在はこちら↓に落ち着いています。


サントリー 南アルプスの天然水 備蓄用ボトル 2L 1箱(6本入)

これなら、中身は普通の天然水なので普通に美味しい。賞味期限が近づいたら、普通に飲めます(普通の連呼)

1本あたり ¥168 (税込)なので、一般的な水に比べると多少割高ではあるものの、入れ替え頻度を考えると十分「もとがとれている」と感じています。

 

南海トラフ地震対策の備蓄は最低でも1週間分といわれていますよね。

でも、片づけと同じで、最初から自分の理想とする「100点」の防災備蓄を目指してしまうと挫折しがちです。

現在、防災備蓄に手が付けられていないのであれば、まずは「家族が1日に必要な水分量を計算して、今、自宅にある水で何日生活できるかを知る」だけでも大きな一歩だと、防災士の方も仰っていました。

小さな一歩を積み重ねて、ゼロから1へ、1から2へとステップアップしていければ、今より確実に前へ進むことができます。

 

大阪出身のわたしにとって、明日はとても大事な日です。わが家の防災備蓄も災害対策も、まだまだ発展途上にあります。個人の力で、自然災害の発生をとめることはできないけれど、備蓄したり見直したりはできる。

そう考えて、できるだけ淡々と粛々と、備えを深めていきたいと考えている次第です。

自然災害(地震・台風・大雪など)の話題 ニュースブログ・テーマ
自然災害(地震・台風・大雪など)の話題

災害に遭遇した時に必要なものは? その他生活ブログ・テーマ
災害に遭遇した時に必要なものは?

こちらも参考に↑

……文字ばっかりの記事ですみません(汗)

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ  

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です