2020年、東京都心で過ごす夏休み(映画とアート編)

旅行や帰省がむずかしい、2020年の夏休み……。

さぞかし子どもは「しょんぼり」だろうと思いきや。

子どもって逞しいですよね。近所の公園で遊ぶだけでも、十分夏休みを満喫できるようです(しょんぼりしているのは、むしろわたし達、親だったという……)

といっても、さすがに家と公園だけというのも切ないので、近場で遊んではいます。

この日は「ドラえもん のび太の新恐竜」を観に行きました。ガラガラだった……↓

映画館って「ザ・三密!」かと思いきや、法令により一般のオフィスより優れた換気能力を有しているため、職場に行くより安全だとも言われているそうです。

劇場の入り口ではスタッフの方による検温、アルコール消毒、マスク着用の確認、座席の予約は一席ずつ開けるなど、比較的安心感を持って楽しむことができました。

あたらしい映画様式↓

映画そのものもよかった(←ドラえもんを観て泣く大人)

ちなにみこれは↓その日の六本木ヒルズアリーナの様子。

普段から平日はあまり人がいないけれど、夏休みなのにそれより断然人が少ないのに驚きました。

 

別の日は、森美術館の「STARS展」へ。

STARS展:現代美術のスターたち―日本から世界へ

  • 会期 2020.7.31(金)~ 2021.1.3(日)
  • 開館時間 10:00~22:00(最終入館 21:30)
    ※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
    ※ただし9月22日(火・祝)、11月3日(火・祝)は22:00まで(最終入館 21:30)
  • 会場: 森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)

 

出展アーティストは、村上 隆さん、李禹煥(リ・ウファン)さん、杉本博司さん、奈良美智さん、草間彌生さん、宮島達男さん。

戦後の高度成長期から今日まで、日本という枠を超えて世界的に活躍する現代美術のスター6名の軌跡を、初期作品と最新作をつなぐかたちで紹介する……という内容です。

これがもう、すっごくよかった。「スターの貫禄みたり」ですよ。小二男子もかなり楽しめた様子。

チケットはすべてオンラインによる事前予約制(日時指定券)になっていて、いちどに入れる人の数が制限されています。

もちろん、入館時はスタッフの方による検温、アルコール消毒、マスク着用の確認もありましたよ。

これほどの作品がならぶ美術館で、これほど人と人の距離が空いた状態でゆったり観られるのって、ある意味すごく貴重な体験だった……。

 

残り少ない夏休みですが、「新しい生活様式」を踏まえながら、できるだけストレスをためずに、楽しく過ごしたいと思っています。

夏休み ライフスタイルブログ・テーマ
夏休み

こちらも参考に↑

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ  

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です