憧れは、両手いっぱいのミモザだけれど、予算の都合上……

ミモザが店頭に並ぶと、春がきたーーーーっ!とうれしくなって、つい手にとってしまいます。

ミモザとか、コデマリとかって、咲き終わった花が落ちるので手入れが大変なのだけれど、そのかわいさ、美しさの前では「いいよいいよ、お掃除するよ〜」な気分になって、機嫌よくお世話できるのでした。

それにしても、日本の花は高いなぁと思います。アメリカでよく立ち寄っていたグリーンマーケットでは、両手いっぱいのミモザやライラックが9.99ドル(999円みたいな印象)でした。

こういう小花系って、両手いっぱいくらいあると、それだけで芸術作品のように美しいから、本当にうれしかった。

日本で両手いっぱいのミモザとかライラックとか買おうとすると、999円どころじゃないので、どうしてもちんまり↑しちゃっうのが残念。

日本でも、賑やかな駅前にあるようなフラワーショップでお花を安く売るのはむずかしいだろうけれど、少し不便な場所にあるお店やグリーンマーケットなんかで、個人の栽培者が育てたお花を安く売る文化が浸透すればいいのに、と思います。

日常に取り入れるなら、ちょっとくらい花が小さかったり、枝ぶりが悪かったりしても気にしないから、誰かうちの近所でそんなお店を出してくれないかな〜(遠い目)

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ 

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



「憧れは、両手いっぱいのミモザだけれど、予算の都合上……」への2件のフィードバック

  1. 春ですね(^_^)
    私は、一昨日啓翁桜を手に入れました。
    次々花が咲いて、落ちるときは面倒だけれど、癒されます。
    ほんと、日常にどんどん飾れるような花を扱うお店、あると良いですよね!

    1. はやままさん

      ほんとに、まだ2月なのにもう春みたい。このまま春に……って、やっぱり甘いですよね。また寒くなるんだろうなー。
      啓翁桜、いいですね^^ 少しずつほころんでいく様子が、わたしも大好きです^^
      お花屋さん、ニーズは高いと思うので誰かが始めてくれたらうれしい^^(←他人任せ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です