週末のランドセル置き場と、学校支給タブレットの収納&充電場所(小学3年生)

小学生男子って、なんじゃかんじゃ生き物を育て、観察したがりますよね?

アリだのアルテミアだのセミだのカブトムシだのクワガタだの……。

自立していない子どもに生き物を育てられるはずもなく……うちは夫が「その手のこと」はノータッチなので、結果的にわたしがお世話のフォローをすることになります。

そして今、育てているのがモンシロチョウの幼虫、アオムシです↓

これがチョーーーーーーーこわい!

単なるアオムシであれば、なんの問題もないんですよ。

でもね、アオムシって多くが「アオムシコマユバチ」なるものに寄生されていて、さなぎになる前に死んでしまうんですってよ。知ってました?!?!?(←わたしは聞いてませんでしたよっ)

その様子がもうグロくてグロくて……。拡大写真は控えますので、興味のある方は検索してみてください(しないことを強くオススメしますけど……怯)

アオムシはぜんぶで3匹いて、1匹が寄生されて亡くなったものの、まだあと2匹いるので、その子たちが無事さなぎになれることを祈ります……。

 

そんなわけで、最近の息子くんの興味の対象はモンシロチョウの幼虫です。

卵からチョウになるまでの様子が図鑑に描かれているのだけれど、やっぱりこういうときは動画の方がおもしろい模様。

学校から配布されているタブレット端末で、「NHK for School」のコンテンツ(=すごくよくできている)をぶいぶい検索して見ています。

>>>モンシロチョウの育ち方 | NHK for School

タブレットは基本的に毎日持ち帰り、毎日学校へ持っていくため、以前はランドセルの中にいれていたのだけれど、そうすると自宅でほとんど使えないことが発覚(出すのが面倒なので)

思い立ったときにパッと使えるよう、今はランドセル横に出しっぱなしにしています。

ランドセルもタブレットも、週末はこんな感じで↑シェルフに収めていますが、平日はこの手前に出しっぱなしです(汗)

リビング・ダイニング側からは見えない場所だし、通行の邪魔にもならないので問題なし!(汗汗)

シェルフには教科書や学校で借りた本などを収める場所を用意し、その横には時間割表をはりつけているのだけれど……。

最近の小学校は基本「置き勉」で、必要最低限の教科書しか持ち帰らないんですね。とくに低学年の間は、持ち帰ってきた教材(宿題用)を翌日もそのまま収めるだけなのでした……。

ちなみに、タブレットの充電は今のところ週末だけで十分もちます。

週末、ランドセル横の引き出しに入れておいたケーブルを取り出し、すぐ隣にあるコンセントに差し込んで充電。

一人一台端末の時代に「ランドセル置き場」を整える場合、近くにコンセントがあると便利です^^

ランドセルのこと 子育てブログ・テーマ
ランドセルのこと

小学生の家庭学習 教育ブログ・テーマ
小学生の家庭学習

こちらも参考に↑

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ  

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です