出しっぱなし癖のある人の、「散らかってる!」と感じないもの選び

料理上手な人って、都度都度、キッチンを片づけながらつくりますよね?

だから作業台の上はいつもきれいだし、料理がおわったあともきれいなまま。

あの姿に、猛烈に憧れます。

わたしはというと、かなりの集中体質ということもあって、わーーーーっと出して、わーーーーっとつくって、終わると嵐が去ったあとのようなキッチン。

……ということが多いです。

もとはこんな感じで、リビングから手元丸見えのフルフラットだったところに
カウンターを造作して手元を隠したのは本当によかった
どんなに散らかっていても、リビング側からは見えません

キャロットラペを仕込むときも、毎回スライサーにかけたにんじんが飛び散って大変なことになります。

でも、ちょちょいとよけたら、写真は片づいているかのごとく撮れるんですね。

マリネ系のものはビニール袋でつくります。材料をぜんぶ入れたら、袋のうえからもみ込んで…
袋を小さくしばって、そのまま冷蔵庫へ。少ない調味料でもまんべんなくマリネできるし、洗い物も最小限

なので、わたしがなにか作業途中の写真は、一見片づいているように見えても、周りまで同じような状態だと信じちゃいけませんよ(実際、周りには↑にんじんが飛び散っている)

 

前置きが長くなりましたけど、そういう性質なので、もの選びの基本は「出しっぱなしでも、イヤだなと思わないデザインかどうか」です。

たくさんのものが出しっぱなしになっていても、そのすべてが好きなものばかりならイヤだなとは思わないし、イヤだなと思わなければ、都度都度片づけなくても、わたしは「散らかってる!」というストレスを感じません。

逆に、機能性が高いものでも、そのものひとつをテーブルのうえに置いて、1.5メートルほど離れて見たときに「イヤだ」と思うものはキケンです。使うときに出しっぱなしにしたら「めっちゃ散らかってる!」ように感じます。

 

佇まいが気に入らないものを普段は隠して収納しておけるとしても、ものは使うためにあるわけで、そうなるとずっと隠しておくことはできないわけで、そうすると使うたびに「イヤだ」と感じるわけで、イヤなものがたくさん出しっぱなしになると、それは当然「散らかっている」ストレスに繋がるわけで……。

だからこそ、わたしのように出しっぱなしにしがちな人ほど、出しっぱなしになっていても「いやだな」と思わないものを選ぶことが重要なんじゃないかと考えている次第です。

キッチンの悩み 料理ブログ・テーマ
キッチンの悩み

おうちを片づけたい 住まいブログ・テーマ
おうちを片づけたい

こちらも参考に↑

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ  

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です