オープンキッチンと、クローズドキッチン。どっちがお好み?

オープンキッチンと、クローズドキッチン。どっちがいいかと聞かれたら、これまでは「クローズドキッチン!」と即答していました。

その一番の理由は「キッチンが目立たないから」です。

特に狭い家では、キッチンの存在感て「濃い」ですよね。リビング・ダイニングが10畳でも、20畳でも、シンクやコンロ、冷蔵庫なんかの大きさはほとんど変わらないから、狭い家ほど圧迫感があります。

おまけに、普通に生活していると、1日中キッチンを美しく保つのってむずかしい。今だって、まだ洗っていないカップや、乾かし中の水筒、ガスコンロには煮物の入った鍋までのってます。

クローズドキッチンなら、その存在感も生活感も、さらっと隠してしまえるから、やっぱり気がラクだなぁと思います。

でも、今の家(オープンキッチン)に引っ越してきて、考え方が変わりつつあります。オープンキッチンにも、いい面がたくさんありました。

なかでも、一番いいなと思うところは「キッチンに閉塞感がないこと」。

囲われていないから明るくて、キッチンに立っているのがなんだか楽しい。リビング・ダイニングにいる家族や友人と会話が成立するのも楽しいです。

キッチンカウンターに花を飾りやすいのも、ひそかにうれしいポイント。ここなら大振りの枝物を置いても邪魔にならないうえ、キッチンからもリビング・ダイニングからも見られるから、一粒で二度おいしい気分です。

何を「いいな」と思うかは、そのときどきで変わるものだと思います。でも結局は、「住めば都なのかも?」とも思う今日この頃なのでした。

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ 

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です