主婦の仕事を年収換算すると…約1,280万円!

スモールキッチンのセミナーへお申し込みくださった方へ

昨日までにお申し込みくださった方全員へ、個別にメールをお送りしています。「届いていないよ〜」という場合、迷惑メールフォルダもチェックしてみてくださいね:) 携帯メールからのお申し込みでメールが届いていない場合、PCメールが受信できる設定であることをご確認のうえ、フォームよりお問い合わせください。こちらから、改めてご連絡申し上げます:)

– – –
IMG_0422

わが家の、撮りづらいウォークインクローゼット↑

片づけ力は、わたし > 夫なので、出入りしやすい手前側に夫の衣類をまとめて収納しています。ときどき「を!?」を言われるのが、夫のシャツの収納。

IMG_0414

クローゼットに入れたスチールラックにハンガーパイプを通し、引っ掛ける収納にしています↑

こういう感じの商品です↑

…そう。気づきましたね? わが家では現在、夫のシャツのアイロンがけは自宅でしていません。クリーニングに出しています。

言い訳するようであれですが、わたしも「新妻」だったころは、自力でアイロンがけをがんばっていたんです。でも、どうにもこうにも苦痛…。その姿を見た夫が「自分でやる」と言い出しましたが、夫にとっても毎日のアイロンがけは負担な様子。家族会議の結果、クリーニングに出すという現在のスタイルに落ち着きました。

改めて、なぜシャツをクリーニングに出すことに抵抗があるのか考えてみたところ…。「アイロンがけを自分でする=無料」「クリーニングに出す=有料」。家計を見ている主婦としては、そこにコストをかけることに「もったいない!」と感じていたのだと思います。

でも、こんな感じの記事(少し古いですけれども)を読んで考え方が変わりました:
主婦の仕事を年収に換算すると | All About

見方によっては、主婦の年棒は1,280万円(時給換算で2,630円)だそうです。正直なところ、自分自身そして世の主婦のみなさま方の働きぶりを見ていると「そんなもんかな」と思います(←えらそう)。

お金に換算すること自体に意味があるわけではないけれど、ビジネスと同じで「自分が動くこと=無料」ではないのだと考えるようになりました。

もちろん、何でもかんでも外注していては家計が破綻します(汗) 限られた予算のなかで「どうしても!」ということはお金がかかっても誰かにお願いする、自分は得意な分野・好きな分野でがんばる…。そうやってバランスをとるのも「あり」かなと考えるようになった次第です。

そんなわけで、もちろん夫のパンツのアイロンがけだってやってませんよ(なぜか自慢げ)

IMG_0258

これに任せてます↑

IMG_0260

ぱかっと開けて…。

IMG_0263

パンツをイン!

IMG_0276

ボタンをポチッで、パンツのセンタープレスがピン!です。一般的な横置き方の方が省スペースですが、扱い方にコツがいります。その点、わが家の縦置き型パンツプレッサー@コルビーは、それより多少スペースは必要になるものの、とにかく扱いが簡単で仕上がりもキレイ! めんどくさがりが多いわが家に合った商品だと思います。

わが家のはこれ↑

黒や…。

最近は、期間限定のバーチ材もあるそうです。

そんなずぼらなわたしの「アイロンがけとの付き合い方」について、片づけ収納ドットコムでもご紹介しています:
主婦が嫌いな家事ナンバーワン!? アイロンがけとのつきあい方

よろしければ、あわせてチェックしてみてくださいね:)

トラコミュ <暮らしのアイデア>収納 家事 インテリア
トラコミュ 押入れ~クローゼットの収納
トラコミュ シンプルな道具たち
みなさんのアイデアも参考に〜↑

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ 

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



「主婦の仕事を年収換算すると…約1,280万円!」への4件のフィードバック

  1. 主婦の時給はそんなにあったのですね~!
    これが本当にもらえたら良いのに(笑)

    アイロンがけ、実は私は「好きな家事」の一つなのですけど、結婚してまさに夫のワイシャツのアイロンがけをする日々・・・
    特に辛かったのは、妊婦時の夏場。
    それを経て、微妙な位置づけとなりました(笑
    我が家で使用しているクリーニング店は、時々ワイシャツチケット(10枚分の値段で11枚)を販売するので購入しておき、時々出しています。
    出す目的は、やはりプロの仕上がりはパリッと感が異なりますし、一度プロに任せると、しばらくはパリッとが保てるので^^で、時には楽できるので(笑)

    スラックスへのアイロンがけ・・・・したことない(ひょ~)
    これって、妻失格ですかね・・・。今度やってみます^^;

    1. くみくみさん、返信が遅れましてごめんなさいよ〜(涙)

      そうなんですよ、主婦の仕事って意外と?多岐にわたっていて、外注するとこれくらいになるらしいんですよ。労働の内容や拘束される時間などを考えると、十分納得できる金額のように感じます。政治家がどう思うかは別にしても…。

      くみくみさんはアイロンがけ、もともとはお好きなんですね! そんな家事であったとしても時を経て、家族構成が変わり…そうですよね、微妙な位置づけに変わることもありますよね。でも、そんな風にフレキシブルに、そのときどきの状況に合わせて対応する姿勢って、すばらしいと思います。いつでも自分のペースで物事が進むわけではないので…日頃からなるべく柔軟でいたいな、とわたし自身も思っています:)

      パンツのアイロンがけ…わたしも若かりし頃はしてませんでしたよ(滝汗) 一時期、夫が凝った生地のパンツが好きでよく履いていることがあって、その頃から気になりだしたように思います。それまではわたしも気になったことがないので、それが一般的なのかもしれませんよ〜:)

  2. keyさん、こんばんは、うさぎです。

    我が家も旧居では、夫が持ち込んだズボンプレッサーを使っていました。が、夫は異常なめんどくさがりでパンツをプレッサーにキチンとインしないので、余計なところに有り得ない皺が出来たり、全体がヨレヨレしたり・・・ウエスト部分の皺も気になる・・・。ということで、比較的アイロン好きな私がワイシャツついでにズボンもアイロンがけをすることにしました。私がすることで、綻びや汚れ等も気づくことができて良いかと思っています。

    私は、クリーニングに出すよりも自分で洗ってアイロンをほうが気楽です(クリーニングを出しに行くのが苦手なのです)その代わりといっては何ですが、週末の朝か昼は外食にしています。夫婦で空腹度が異なることが多いので、夫:がっつり、私:軽めと調整もしやすく、気分転換にもなるので一石二鳥です。

    片づけ収納.com、記事が溜まり、面白くなってきましたね~。

    1. うさぎさん、コメントをありがとうございます&こちらでも返信が遅れてごめんなさい(涙)

      うさぎさんはアイロンも嫌いじゃないんですね(尊敬!) ご自身で、ご主人のシャツだけでなくパンツにまでアイロンがけされているとのこと、すばらしいです! そのうえ、おうちの収納をこまめに見直したり、旬の食材で保存食を作ったりされるのだから、きっとすごく時間管理が上手なんだと思いますわ。最近、片づけ収納ドットコムの記事を見ていて感じるのだけれど…家事=時間管理なのかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です