【ハロウィンの飾り付け】子どもの作品をリビングに飾るか否か?

子どもが誕生するまでは、「いくら子どもがかわいくても、わたしは子どもの作品をリビングに飾らない派なんじゃないかなー」と想像していました。

今となっては懐かしい思い出です。

最近は子どもが折り紙を切ってつくったハロウィンモチーフをテグスで繋げて、リビング・ダイニングの窓際に飾ってますがなにか?

 

それでこの「子どもの作品をリビングに飾るか否か?」問題が浮上してくるわけです。

いくつかパターン分けしてみると

  1. リビングに飾らない
  2. リビングに飾る
    1. あちこちに飾る
    2. 一箇所に飾る
      1. 目立つ場所に飾る
      2. 目立たない場所(死角)に飾る

みたいに細分化できるかと思います。

わたしの基本的なアプローチは、太字の「リビングに飾る」「一箇所に飾る」「死角に飾る」です。

子どもの作品を飾ると本人が喜ぶし、見ている親もほっこりします。かといって「あちこちに飾る」「目立つ場所に飾る」と、大人がリラックスして過ごしたいときに、気が散ります。

リビングは子どもだけのものじゃなく、大人のものでもあると考えてたどり着いた結果が、「リビングに飾る」「一箇所に飾る」「死角に飾る」なのでした。

普段、作品を飾っている場所↓

 

にもかかわらず、久しぶりに「リビングに飾る」「一箇所に飾る」「目立つ場所に飾る」にしてみたら、あら新鮮。

子どもが学校に行ったあとでも、ベッドに入って寝たあとでも、子ども感満載で、それはそれでいいなと感じました^^

……が!

晩酌中、目がチラチラするのでハロウィン当日までの期間限定の予定(……それでも長いな)

 

自分ちのことだから、子どもの作品を飾っても飾らなくても、「好きなようにしていい」と思います。

けれども、片づけのコンサルティングに伺うと、「飾ってある子どもの作品がゴチャゴチャして気になる」というお悩みを聞くことが、意外とよくあります。

そういう場合、「リビングに飾る」「あちこちに飾る」「目立つ場所に飾る」になっていることが多いです。

子どもの気持ちを優先するのは尊いけれど、それと同じくらい大人(自分)の感情も大事。

ゴチャゴチャがしんどい場合は、「リビングに飾る」にしても、「一箇所に飾る」「死角に飾る」といった選択肢があるし、そもそも「リビングに飾らない」という選択肢だってあることを知っておくと、ちょっと気持ちもラクになるんじゃないかと思います^^

リビングのインテリア インテリアブログ・テーマ
リビングのインテリア

こちらも参考に↑

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ  

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です