片づけで悩んだときに思い出す、「形態は機能に従う」という言葉

学生時代にデザインの勉強をしたとき、「デザインしちゃいけないよ」ということを、よく言われました。

アメリカの建築家、ルイス・サリヴァン氏の

「形態は機能に従う(Form Follows Function)」

という言葉にあるとおり、機能性を追求していれば、おのずとふさわしいデザインになる……という考え方がベースにあったんですね。

デザイン性を優先するあまり、実用性の低いものを作ってはいけないよ、ということをおっしゃっていたのだと思います。

 

これは、片づけをしているときにもすごくよく思い出す言葉です。言い換えれば、

「収め方は使い勝手に従う」

ということで、一生懸命ものの収め方にフォーカスして考えれば考えるほど、使い勝手が悪くなってしまう……。というのは、わたしの場合、よくあることです。

そういうときは一歩引いて、「どうすれば、このユーザーの使い勝手がよくなるだろう?」と考えてみると、たいてい「あぁ。そうか」という答えが湧き出てくるのでした。

 

そういった考え方で収めたものの一例が、洗面所の息子くんの歯磨き&保湿セットです。

息子くんが片手で出し入れできる大きさのボックスに、歯磨き関連の道具と、保湿関連のアイテムをまとめ、息子くんが自分で出し入れできる洗面所の戸棚に収めています。

洗面所左手にある、造作棚。
息子くんの手が届く、最下段にボックスを収納しています。

ボックスに入っているものはこちら。

大人サイズの化粧水だと子どもには重いので、トラベルサイズを使っています。

朝:自分でボックスごと引き出して、歯磨きして、化粧水をつけ、リップクリームをぬったら、ボックスを戻します。

夜:自分でボックスごと引き出して、歯磨きして、フロスして、キシリトールキャンディを食べ、化粧水をつけ、リップクリームをぬったら、ボックスを戻します。

朝も夜も、スムーズです。「美しい収め方」にフォーカスして考えていたら、辿りつかなかった収め方だろうと思います。

 

そうなんですよね。片づけられない原因は様々なんですよね↓

「片づけられない」の様々な原因 地域生活(街) 関西ブログ・テーマ
「片づけられない」の様々な原因

親子でも当然、片づけ方は違います↓

子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!) 子育てブログ・テーマ
子どものお片づけ(無印・IKEA… etc.!)

自分に合う「収納の法則」というものも、個々で違う……↓

収納の法則 その他生活ブログ・テーマ
収納の法則

 

職業柄、よく「●●はどう収めればいいですか?」といった質問をいただいて、そのたびに一般論をお伝えはするのだけれど、それはあくまでも一般論です。

そっち側からのアプローチばかりだと、しんどい収納になりかねません(←伝えながら、モヤモヤ心配する)

雑誌やウェブメディアなどで見かけた収納を試してみたけれど、「すぐに散らかる」「家族が片づけてくれない」というときは、ものの収め方を優先しすぎて、自分たち家族の使い勝手を後回しにしていないか、考えてみていただけるといいな。

……と、いつも行間に気持ちを込めながら、質問にお答えしている次第です。

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ  

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です