【もう、服は買わない】3カ月33アイテムだけで着回す「プロジェクト333」で気づいた事実

書店などで近頃よく目にする「もう、服は買わない」を読んでみました。

「もう、服は買わない」コートニー・カーヴァー著

出版社の紹介によると:

まずは3カ月、新しい服を買わず、手持ちの服だけで過ごしてみてください。無駄な服が減り、自然と「よく着る服」だけが残るはずです。おしゃれや、気分転換のために新しく服を買う必要はありません。手持ちの服だけで、十分新鮮に、おしゃれに見せられます。

とのこと。

著者のコートニー・カーヴァーさんは、3カ月間、手持ちの33アイテムだけを着回して、自分らしいおしゃれを楽しむファッション・チャレンジ「プロジェクト333」を提唱されています。

コートニーさんはご自身の病気をきっかけに人生を見直し、よりシンプルに、よりミニマムに生きる選択をされたのだとか。「プロジェクト333」も、そのなかで発案されたそうです。

わたしも「服」は大好きで、そのむかしはたくさん持っていたのだけれど、当時に比べたら今はずいぶん少なくなりました。

(家が狭くてクローゼットも小さいから多く持てないという、物理的な制約からですが……)

昨年末、パジャマと下着を省いた衣類の数をざっくり数えてみたら、80アイテムくらいでした。

劇的に少なくはないけれど、それほど多くもないせいか、とくにクローゼットで困っているわけではないものの、それでもとっても興味深く拝読しましたよ。

 

なかでも驚いたのが、「プロジェクト333」の手順に沿って33アイテムをリストアップしてみたら……

「33アイテムって、意外と多い!」

ということ。

わたしはアクセサリーをつけるときは重ね付けするのでリストに含めなかったということもありますが(アクセサリーは含めても、含まなくてもいいというルール)……

小物3+バッグ3+靴3+トップス6+ボトムス4+アウター5で、まだ24アイテムですよ。33アイテムって、すごくよく練られた、いい数字だと感じました。

実はコレ↑は、わたしが最近、着用している一軍のアイテム+αです。33アイテムピックアップのハードルが意外と低いと感じたのには、「コロナ禍で外出が減ったこと」も大いに関係があるのでしょうね……。

 

在宅時間が長くなって、住まいを見直している方で、「このタイミングに、衣類の整理もしておきたいな」と思っている人は、コートニーさんの「プロジェクト333」を試してみてもいいかも。ライフスタイルの変わったときは、いつでもクローゼットの見直しどきですが、今は結構、取捨選択しやすくなっていると感じました。

40代からのファッション ファッションブログ・テーマ
40代からのファッション

着こなし・着回し ファッションブログ・テーマ
着こなし・着回し

こちらも参考に↑

ちなみに、この本では「ファストファッションとの付き合い方」についても少し語られています。ファストファッションを全否定するものではなく、現実的な、とても参考になる情報だったので、エコファッションに興味のある人にもおすすめしたいです^^

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ  

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です