がんばっているのに片づかないのはナゼ?「ざんねんな収納」監修のお知らせ

おさめますよさんのご著書「ざんねんな収納」(6月発売)を監修させていただきました(お知らせが遅すぎる「ざんねん」感満載)

思い返せば、コロナが「これほど」になる前のこと……。

おさめさんと、うちでネタのすり合わせをしたり、ランチに行ったり、プチ対談をしたり。

今ではちょっと考えられないような、「普通」の打ち合わせをしていたのでした。

定食屋さんでおさめさんが「今年のオリンピック、開催されないかもね」なんて発言されたのを聞いて、「いやいや、そんなことにはならないでしょう〜」なんて返していた自分のお気楽さがニクらしい。

……ハナシが逸れました。

 

「ざんねんな収納」では、雑誌や書籍で1000軒以上の個人宅を取材した収納ライターのおさめさん(もと・汚部屋住人とのこと!)が見てきた、60の「ざんねんな収納」が紹介されています。

「ざんねんな収納」っていうと、「まちがった収納」「ただしくない収納」だと思われるかもしれないけれど、そうじゃないんですね。失敗をあげつらう本じゃありません。

「はじめに」には、

雑誌の片づけ特集を読み、達人おすすめの収納法を試し、収納用品売り場に買いに走る。頑張っているのに、なぜか片づかない。

この本ではそんな状態を「ざんねんな収納」と呼ぶことにします。

とあります。そして、

「ざんねんな収納」の経験者は、努力の天才です。

努力の方向をちょっとだけ変えれば、「ざんねんな収納」は「片づく収納」に生まれ変わると信じています。

とも。

 

ほんとうにそうなんですよ。

片づかないのは、「だらしがないから」「ズボラだから」「センスがないから」そしてもちろん「がんばっていないから」ではないと、わたしも今では一層の確信を持って言えます。

多くの場合、片づかないのは単に「その人に合っていない片づけ方をしているから」。ただ、それだけのことです。人格とはなんら関係ないので、そのことで自分を否定する必要はありません。

 

「ざんねんな収納」は、いわゆる「片づけ方のノウハウ本」ではないので、この本を買って読んでも片づけられるようにはなりません(言っていいのか?!)

でも、「片づけにがんばりすぎて疲れた……」という人には、気持ちの癒しになると思います(なってほしいと思います)

本を読みながらお茶でも飲んで、「あっはっは!あるある、こんなざんねん〜!」と、コロナ禍のストレスを吹き飛ばしていただけたら、わたしもとってもうれしいです。

Amazon

ざんねんな収納(おさめますよ著)

楽天ブックス

ざんねんな収納 [ おさめますよ ]

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ  

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です