海外リビングで見かけない「ペットの●●●」は?

これもまた、随分前のこと…。

人間x3に犬さんx2が一緒に暮らしているわが家のリビングに「ケージ」がないけれども、どうしているのですか?と、尋ねられたことがありました。

昨日のエントリーをアップしていて「あ!」と、これまたやっぱり突如思い出したので、大変遅くなりましたが…ご紹介させてください(どんだけ遅いのか)。

ご参考までに…うちの犬さんx2は「フレンチブルドッグ」という犬種で、兄犬さんは13歳、弟犬さんは3歳です。

二犬さんとも(別の)ブリーダーさんから譲っていただいたのですが、彼らとの約束に「犬さんを迎えたら、クレートトレーニングすること(ケージに慣れさせること)」というものがありました。調べてみると、犬さんには「巣穴本能」とやらがあるらしく…。クレートはその代わりとして、犬さんが落ち着いて過ごせるスペースとなるそうです。

そのほか、車や電車などでの移動時や、災害時などにも、クレートトレーニングできていると何かと安心。そんなわけでわが家では二犬さんとも(ブリーダーさんとのお約束通り)小さい頃からクレートトレーニングしておりました:)

トラコミュ 犬と暮らす
トラコミュ 多頭飼いしている人集まれ~☆
癒されつつ…参考になります↑

…でもね。海外のインテリアサイトを見ていると:

dogs01
source: Private house in Delft, the Netherlands | Nu interieur|ontwerp

「犬さんと暮らしている」と言っても、彼らのリビング、ダイニングスペースに…

dogs02
source: my scandinavian home: Swedish ceramicist’s living space

クレートは見かけません。

dogs06
source: College Prep: Valentine’s Day Bar Cart

代わりに犬さんは自由気ままにソファの上(笑)

…うちも以前はソファOK派でしたけれども、長男犬さんがソファからジャンプした拍子にヘルニアを発症させたという苦い経験があるため、現在は禁止。わたしたちが側に居て見ているときだけOKとしています(=結構守ってくれます)。

dogs05
source: Little White Whale | gallery (wall) opening

人間並み(悶)

dogs03
source: Vogue Living

「クレート? なんですかそれ?」みたいな。

dogs07
source: Bookshelf Ideas – How to Arrange Bookshelves – Country Living

あってもせいぜい、インテリアに馴染むベッドか…

dogs08
source: Carrie & Hal’s Modern Bohemian Home — House Tour | Apartment Therapy

インテリアとしてもかわいいこんなの↑とか。

「リビング=パブリックスペース」という認識の高さからか、とにかく欧米のリビングにクレート(含むトイレスペース)のあるおうちって少ないです。

じゃあ、欧米ではクレートは一切使わないのか…というと、そういう訳でもないと思います。それは、長男犬のブリーダー(アメリカ人)が「クレートトレーニング必須!」と言っていたことだけでなく、こんな記事(How to… Hide a Dog Crate)があることからも、なんとなく想像がつきます(ただし、日本よりクレートを使っている人の数がずっと少ないような気が…) たぶんクレートを使っている人でも、その大半が上手に隠している(もしくは別の方法を考えている)のだと思います。

そんな訳でわが家でも、リビング・ダイニングにクレートを置くのはやめました。どこに置いているかというと…わが家のプライベートスペース@寝室です:)

IMG_6719

ドアを入った正面奥↑

IMG_6724

ここです↑
フレンチブルドッグは暑がりな犬種なので、一年中扇風機あり(汗笑)

次男犬さんのブリーダーさんちで「二階建てケージ」を見て衝撃を受け、真似させていただきました:) 夜、わたし達が寝るときは、二犬さんともこの中。長男犬は一階なので、リビングが騒々しいと勝手に寝室に戻って中で寝ていたりします(汗)

あと、小さい子ども連れのお友達が来るときや、犬が苦手な人が来るとき、大人数の見知らぬ人がバタバタ動き回るとき(管理会社の防災システムチェックなど)も、念のためクレートで待機です。二犬さんとも中に入ると即寝てしまうため、あまりにも静かすぎて犬さんがいるのに気づかなかった!という人も…(汗笑)

IMG_6727

ちなみにベッドは入れていなくて、速乾性の洗えるマイクロファイバーマット(本来はバスマット)を半分折り+無印のコットンのクッションカバーを使っています。すべて洗えるし、洗ってもすぐ乾くので清潔が保ちやすい♪

こちらのブラウンです↑

IMG_6743

冬用の毛布はweのミリタリーブランケットを↑

we_dog03
※画像はお店よりお借りしました。

これです↑

dog_bed_oxford_L
※画像はお店よりお借りしました。

過去には当然?ドッグオーナーお約束のgeorgeのベッドや…

LLbean
※画像はお店よりお借りしました。

LL beanのネーム刺繍入りベッドも使いました。…そんな紆余曲折を経て、現在のスタイルに落ち着いています。

we_dog01
※画像はお店よりお借りしました。

もしもクレートより「ケージ」のほうがよいなら、こういうのも素敵〜↑

we_dog02
※画像はお店よりお借りしました。

あまり「クレート」色の強くないもの&リビングに置いても馴染むものを…ということなら、これ↑がいいと思います♪

we_dog04
※画像はお店よりお借りしました。

リビングに専用のベッドを置いてあげたいなら、迷わずこちらを↑ わが家は現在タイルカーペットなのでベッドは置いていませんけれども、フローリングに戻したらこちらを選ぶと思います:)

…と、今回は犬さんと暮らしている人以外にはまったくおもしろくない記事だったかと思いますが…(笑)、どなたかの参考になるように一度まとめてご紹介しておきたかったので、よい機会でした:) 長々とお付き合いくださり、ありがとうございました♪

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ 

トラコミュ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース
トラコミュ 子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



「海外リビングで見かけない「ペットの●●●」は?」への4件のフィードバック

  1. こんにちは、keyさん。
    うちもスモールスペースでやりくりしてまして、悩んでいるとき、こちらのブログを拝見して大変参考にさせていただいています。
    ところで、何度か登場しているフレンチドッグさんたちのケージなのですが、このケージはどちらのショップのものでしょうか?
    シックな色合いとシンプルなデザイン、見た瞬間一目惚れでした。これならうちに置いても素敵そうです。兄犬さんと弟犬さんの可愛らしさが理由かもしれませんが笑。もしよろしければ教えていただけませんでしょうか?
    よろしくお願いします

    1. 谷川さま

      お返事が大変遅れまして申し訳ありません! 谷川さんもスモールスペース暮らしとのことで、なんだか親近感がわきます:) ともに暮らしを楽しみましょうね。

      お尋ねいただきましたケージは、「Vari Kennel Jr(L)」というものです。ブリーダーさんちで使われていたものを、そのまま買い求めたものなのですが、今探してみたら、「廃盤」になっているような気が…(涙) いいケージが見つかるといいですね(祈)

  2. 初めまして。
    コメント失礼します。
    とても、可愛いフレブルちゃん達でもっと、もっと見たい位です^ ^
    お聞きしたいのですが、
    トイレはどうされてますか?
    弟犬が寝るときは、抱っこして入れてあげてますか?
    質問ばかりですみません。

    1. 緒方さん、はじめまして:)

      ブッヒーが可愛いだなんて、うれしいです(照)
      わが家の愛犬用トイレは、洗面所です。そのままペラッと一枚敷いているだけで、使ったらすぐ交換するようにしています。
      兄犬がなくなったため、現在は弟犬だけなのですが、当時は抱っこでケージでした。落ちちゃうと大変なので、弟犬のケージは寝る間だけしめていましたよ。現在は放牧です(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です