大人も子どもも楽しめる、初夏の蔵王

いや〜、10連休。あっという間でしたね。

連休中は家族みんなが自宅で過ごす時間も長くなるため、少し早めに菖蒲を購入。案の定、子どもの日前に開花してしまったのだけれど……。

2本とも二番花が咲いて、長く楽しむことができました。最初に咲く花より、次に咲く花の方が淡い色合いなんですね。

わが家のゴールデンウィークはというと、前半は公園で遊んだり、ボルダリングしたり、友人宅に招いてもらったり、社会科見学?に出かけたりと、比較的近所でのんびり過ごしました。

後半は山形県蔵王へ二泊三日の旅行へ。山頂に残った雪でスキーを楽しむ人もいましたが、わが家はおもに雪なしゲレンデで遊びました。

こちらは、上の台ゲレンデにある、全長650メートルのなが〜いスライダー↓ 息子くんは11回も滑ってました……。

山頂までは「リフトで上がる」もしくは「徒歩で登る」が選べます。リフトばっかりじゃ甘っちょろいので、後半は徒歩で!(大人はもちろん麓で待機)

猿倉スキー場の釣り堀では、ずっと息子くんが「やってみたい」と言っていた釣りに挑戦。

そう簡単には釣れないだろうと油断していたら、この釣り堀、猛烈にざっくざっく釣れるんですよ(汗) 釣った魚はすべて買い取り(=食べる)なので、息子くんには3匹で勘弁してもらいました。

あとは、山川牧場でヤギにごはんをあげたり〜

上山城で最上義光のコスプレ?させてもらったり〜(そのほかの選択肢だった伊達政宗でもなく、直江兼続でもなく、最上義光を選ぶところが、わが子ながらしぶい!)

帰りの新幹線に乗る前には、山形駅近くの最上義光の居城、山形城にも立ち寄りました。

大人的に楽しかったのは蔵王温泉と、「GEA yamagata」↓

HPによると:

山形県のほぼ中央に位置する寒河江市。さくらんぼの里としても知られるこの小さな街で1932年に創業した紡績・ニットメーカー佐藤繊維。独創的な糸を開発し、世界のトップメゾンと取引を行う同社が、地元の酒蔵を譲り受けこの地に移築、工場として使用していた築100年以上の2棟の石蔵をリノベーションし、寒河江と世界をつなぐインターセクションとして、2015年GEAをオープンしました。

とのこと。上の写真と、下の写真の2棟に、衣食住にまつわるショップやレストランが入っています。

GEAに入っている「Restaurant0053」で、地元、山形の野菜をふんだんに使ったランチを食べました。

ホテルでもレストランでも、食用の「菊」が料理に取り入れられていることが多くて、なんでだろう?と思ったら、山形県って食用菊の生産量で全国1位なんですってね。色合いがとてもかわいかった(じょうずに写真が撮れていなくて無念)

ほかにもあちこち立ち寄りましたが、その場その場で行き先を決めて、ふらっと出かける感じだったので、なんだかのんびりできました:) いや〜よかったな〜、山形。

そんなこんなで、ゴールデンウィーク中はお休み気分全開でブログを更新できませんでしたが……その間に、いよいよ令和元年もスタート! 気持ちも新たに!風薫る5月を楽しみながら、ぼちぼちブログも更新していきたいと思います。

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ 

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です