ランドセル選びの結論。わが家の場合……

コトバンクによると、「ラン活」とは

小学校入学を控えた子どものランドセルを選び、購入するための活動を指す造語。近年は少子化による高級志向の高まりなどを背景に、ランドセル選びに力を入れる保護者が増加傾向にあることから、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で生まれ、広まったとされる。こうした状況を受けて、メーカーや小売店がランドセルの販売開始時期を春に前倒しするなど、商戦も年々、激しさを増している。
(2017-6-6)

昨年あたりから、わが家でも横目でチラリ、チラリと、世のラン活事情を見てはいたのですが、なんともかんとも大変そう……。でもいよいよ!今年はわたし達がその当事者になるのでした(とほほ)

当初は、夫が小学生の頃に使っていたランドセルの工房で……と思っていたのだけれど、義両親に聞いてもらったら、「今はもう作っていない」とのこと。ここにも少子高齢化の波でしょうか……。無念です……。

仕方ないので、東京近郊で買えるランドセルの調査を開始。若かりし頃は、メジャーなメーカーのものはいやだ。みたいな変な反発心があったのだけれど、最近は「特別な思い入れのないものなら、有名どころにハズレなし」という、長いものに巻かれる精神なので……

土屋鞄製造所
工房は足立区西新井7-15-5。都心部に店舗が多い。

中村鞄製作所
工房は足立区江北1-32-1。近所に店舗はない。

大峽製鞄
工房は足立区千住4-9-2。デパート等で取り扱いあり。

といった、有名どころの「普通(牛革の黒)」のでよいかな、という結論に至りました。

それぞれパンフレットを取り寄せてみた感じ、一番「普通」で好感が持てたのは「大峽製鞄」(右上のシンプルな黒いパンフレット)でした。おしゃれ感を前面に出していないのが好ましい。

でも、「大峽製鞄」の直営店でのランドセル販売開始は6月15日から。「土屋鞄製造所」「中村鞄製作所」はすでに販売を開始しています。しかも、「土屋鞄製造所」では今年から

土屋鞄では、お客さまに売り切れを気にせずゆっくりとお選びいただきたい気持ちから、4/18~5/15に限り、出張店舗を含めすべてのご注文をお受けいたします(コードバン・つや有り仕上げを除く)。

とのこと。早々にラン活を終えたいわが家にとっては魅力的な言葉……。時流にうまく対応している器用な工房なのだと感じます。

ということで、結論!

「子どもと一緒に最寄りの土屋鞄へ行ってみて、よかったらそのまま注文する。決めきれなかったら後日、デパートのランドセル売り場(いろんな種類があるハズ)に行って、そこにある範囲で子どもが気に入ったものを買う!(←「大峽製鞄」があったらそれでもいいし、なかったらなんでもよい!)」

ということになりました。どこのランドセルを選んだか、改めてご報告しま〜す!

にほんブログ村テーマ
入学準備品

にほんブログ村テーマ
ランドセルのこと

こちらも参考に↑

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ 

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



「ランドセル選びの結論。わが家の場合……」への2件のフィードバック

  1. はじめまして!
    うちもちょうどその3つのカタログを注文していました!!!なにをお選びになったのか楽しみです。
    この度引っ越しをすることになり、間取りが不思議なので、配置やどんなものを選んだらいいのか。。。きいさんのインテリアが本当に大好きなので、アドバイスをいただきたいのですが。

    1. ひななさん、取り寄せたカタログが同じだなんて、なんだか親近感です^^
      息子くんが何を選ぶか……改めてご紹介しますね。

      ひななさんはもうすぐ引っ越しなんですね。引っ越し業者さんの予約は大丈夫でしたか?? 予約がとりづらいんですってね?? 間取りが不思議とは……いったいどんな感じでしょうか(どきどき)

      ご入居前の個別コンサルティングもお受けしているのですが、最短でお伺いできるのが今のところ8月なんですよ>_<  そんな感じでもよろしければ、HPもチェックしてみてくださいね^^ http://keyspace.info/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です