SUUMOジャーナル・狭くても快適に[5] 美しく暮らせる住まいの秘訣(お知らせ)

うぅぅぅ、今年は土日祝日以外、なるべく中2日開けずにブログ記事をアップしたいっ!という抱負があったのですが、われながら、なかなかのアカンタレ具合です(汗汗)

そんなアカン自慢?は置いておいて…。

先日ご紹介した、建築家、水越さんの記事が本日、SUUMOジャーナルにアップされました。

水越さんのご自宅は、17年前に設計されたものだそうです。それから現在までの間、この家で2人のお子さんを育て、家事をこなし、仕事もしてきた経験者だからこそわかる「暮らしやすさのヒント」を建て主さんに還元されているのだな、とお話をお聞きしながら感じました。

毎日コツコツ、家事を繰り返した人にしかわからない「美しく暮らせる住まいの秘訣」というものが、あるのかもしれません。

…余談ですが、お邪魔したのは、とても寒い日だったのだけれど、水越さんちのリビング・ダイニングはポカポカでした。

その理由のひとつは、水越さんが座ってらっしゃる椅子の後ろにある蓄熱暖房機(先日ご紹介したもの)。

もうひとつが、周りの建物からの視線を遮りつつ、光を遮らない窓周りの設計です。部屋の奥まで冬の日差しが入り込み、ポカポカと暖かでした。

記事はこちらでチェックしてみてくださいね:
狭くても快適に[5] 建築家に聞く、美しく暮らせる住まいの秘訣

そんなこんなで、おかげさまで「狭くても快適に」全5回の連載を無事終えられて、ホッとしています:) ご協力くださったみなさま、改めましてステキな暮らしぶりをご共有くださり、ありがとうございました!

これまでの記事:

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ 

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



「SUUMOジャーナル・狭くても快適に[5] 美しく暮らせる住まいの秘訣(お知らせ)」への2件のフィードバック

  1. お久しぶりです。
    いつも参考にしていますよ~。
    コメントしよっかな~と思いつつ、なんとな~く遠慮しておりまして…(何でやっ!!!)
    今日こそは!とね(笑)
    蓄熱暖房機ですが、私の住む雪国?では割とフツーに設置されています。10年ほど前からかな~?新築される家には必ずといっていいほどある。
    家じゅうがほんわかいい感じに暖かく、洗濯ものの部屋干しにも最適だそう。オール電化にされるお宅が多く、そうすると電気代もお得らしいよ。
    我が家はブームになる前に二世帯に増築したので、残念ながらファンヒーターなのです…。灯油を入れるのめんどくさいけど、エアコンでは全然温まらないし。
    てっきり蓄暖って全国的に広まってるものだと思ってたけど、地域性のあるものなんだなぁってのが記事でわかりました!!
    ってことをお伝えしたかった(笑)
    ではkasugaことゆーちゃんでした~。またね!!

    1. kasugaさんたら、遠慮だなんてラシくないわ(笑)

      蓄熱暖房機って、北海道ではかなり広く普及していると聞いたんだけど、本土でも地域によっては一般的なのね? オール電化が普及して、一時期は蓄熱暖房機の設置を推奨する動きもあったんだってね。それで、専用の電気料金割引プランがあったんだって聞いたよ。いずれにしても、震災以降は電気料金がかなり上がってしまい、今から導入するのはちょっと…という感じでした。うちも夫の実家が一戸建て@福島=寒いので、その点でも興味があったんだけど…。なにか別の方法を考えたいと思います。

      また遊びにきてねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です