壁掛け時計へのこだわり

壁掛け時計を選ぶときの
「こだわり」って
人それぞれですよね。
友人、知人に聞いてみると
「え? そこだったの!?」っていう
答えだったり、
「むしろ持たない!」っていう
答えも結構あったりして興味深いです:)
…かくいうわたしの「こだわり」も
かなり独自路線かと思います。
わが家の壁掛け時計はふたつ。
ひとつが寝室:
IMG_8937.jpg

INHOUSE インハウス 掛け時計 掛時計 インテリア デザイン 北欧 アンティーク おしゃれ 木製 W29 ビーチ ホワイト ウォルナット ドームクロック 16cm プレゼント ギフト お祝い 送料無料 【楽ギフ_包装選択】【楽ギフ_メッセ入力】


IN HOUSEの16センチ↑です。
もうひとつがリビング:
IMG_2170.jpg

【RCP】IN HOUSE (インハウス) Dome Clock ドームクロック W31


IN HOUSEの29センチ↑です。
最初に選んだのは16センチのほう。
6年ほど前、以前住んでいたマンションに
入居する際に購入しました。
選ぶ際の「こだわり」は:
1)時計をかける部屋のサイズに合っていること。
2)簡単にガラス面を取り外せる事。
の2つです。
以前、時計をかけていたのが
角部屋+かなり縦に細長い部屋だったため、
大きめの時計をかけると、壁が苦しい…。
なので、小さいサイズであることが
大事でした:)
そしてふたつめが、
これまた個人的に大事な点!
これまでの経験上、
表面がガラスの時計って
照明が反射して美しいのが◎なのですが
時間が経つと内側が曇ってくる!
なのに、時計によっては自分で外せないものも!
その点、自分で簡単に外せれば
気軽に磨いてガラスをピカピカに保てます♪
なので、店頭ではじめて
16cmのほうの時計を見た時は
うれしかった〜!
現在の住まいに越して、
リビングに時計を新たに…となったときも
迷わず同シリーズを選びました。
今年もまた、時計のガラスを
ピカピカに磨き上げ、
新年を迎える準備万端です:)
その他のところが
どうなっているのかは
ひとまず置いておいて…(汗)

– – –
いつも応援クリックを
ありがとうございます!
更新の励みになっています:)
今日もまた「読んだよ♪」のしるしに、
ポチッ♪していただけるとうれしいです:)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
– –
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です