new ESTNATIONで見つけた器

lamaisonImg.jpg
9月6日にリニューアルオープンした
六本木のESTNATIONに偵察に行ったら、
随分とインテリア雑貨や食器類が
増えていて驚きました。
そこでパッと眼に飛び込んできたのが
ラ・メゾン・デ・ヴォンの器。
(※画像はお借りしています)

<この器のまわりが笑顔で溢れる場所になりますように>という想いを込めて、ひとつひとつロクロを回しハンドメイドで作られている「ラ・メゾン・デ・ヴォン」。キッチンで過ごす時間が多い女性のために、自分の使い方を発見して楽しんでもらえたら、と女性作家らしい願いから生み出されるコレクションは、軽くてスタッキングできる、実用性も兼ね備えています。
リニューアルオープンした六本木ヒルズ店に並ぶのは、深いブルーが特徴的な「TURKISH(ターキッシュ)」ラインと、“優しい心を取り戻す”をテーマにしたホワイトの「LAPIN ARGENTE(ラパン・アルジョンテ)」ライン。さらには期間限定で通常取り扱いの無い貴重な作品が数多く揃います。料理を美味しく演出してくれる食器としてはもちろん、インテリアにも溶け込むデザインは食器棚にしまっておくにはもったいない器です。ハンドメイドだからこそ、少しずつ違った顔を持つコレクションとの出会いをお楽しみください。

沖縄で見た、大嶺實清さんの
爽快なペルシャンブルーの器より
くすんだ色味で、より繊細な感じ。
残り僅か…な夏の間に、
サラダやお刺身なんかを盛りつけて
みたくなりました:)
作家ものの食器類を買う時は
単品で…というマイルールを
もうけているので
(割れても気軽に買い足せないから)
購入したのはこちら↓
IMG_0928.jpg
大皿と中皿をひとつずつ。
IMG_0919.jpg
大皿にはサラダやお刺身、
中皿には煮物もいいな〜♪
…でも、陶器にしては薄い!
うっかりカケさせてしまいそう(怯え)
IMG_3691.jpg
そんなわけで最近は
「金継ぎ」に興味津々♪
近所に、カケた陶器を持ち込むと
金継ぎの仕方を教えてくれる教室を
見つけたので行ってみたいと思っています。
(すでにわが家には、カケのある
作家物のお皿が…)
…が、実現できるのは
息子くんが幼稚園に入った頃?
でしょうか(汗汗)
それまでカケさせないよう注意せねば!
– – –
いつも応援クリックを
ありがとうございます!
更新の励みになっています:)
今日もまた「読んだよ♪」のしるしに、
ポチッ♪していただけるとうれしいです:)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 
– –
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です