ほかにもあるのに「なぜそれを?!」

昨日のカレンダー。

一部の方には、モッサリ度が衝撃?だったようで、「ほかにも月曜始まりのカレンダーはあるのに、なぜそれを?!」というご質問をいただきました(そんなに衝撃でした??)

もちろんAmazonには、ほかにも月曜始まりのカレンダーはありました(今回はネット購入)。でも、どれもこれも気に入らなかったんですよ。

たとえば……

横線が多いのが気になる。目がしかしかする。

囲み線が強すぎるのが気になる。目がしかしかする。

罫線が強いうえ、毎月色が変わるのが気になる。

やっぱり線があるうえ、カラフルにもほどがある(社名も気になる)。実はわたし、メモ書きする場合は強い線があるとイヤなんです。だから普段使いのノートも無印の無地(それを早くゆえ)。

土曜のブルーの淡さが気になる(社名も気になる←くどい)。

これは結構シンプルでよかった。けれど、数字が大きすぎるのが気になる。

を、これは? …と思ったら曜日が難。子ども用なので、月火水…は漢字がいい。

あ、これ許容範囲じゃない? …と思ったら日曜始まりだった。

そのため、ここで一旦、高橋書店にメールで「これの↑月曜始まりはありませんか?」と、問い合わせて返事を待ち、後日「ない」とのご回答……。

その後もしばらく検索を続け、最終的に選んだのがこれ↑です。わたしにとって、デザイン面で100点ではないものの、気になるポイントがもっとも少なく、許せる範囲だった次第です。

こんな感じで、特定のブランドに対するこだわりがない代わりに、自分の気になるポイントに対するこだわりがまぁまぁ強いわたし……。デザインだけで選ぶことも、実用性だけで選ぶこともあまりなくて(ときどき一目惚れすることがあるので絶対とは言わないけれど)、いい感じのバランスを求めます。

今回も、このカレンダーを選ぶために1時間近く?かかりました(問い合わせ後の待ち時間のぞく)。

だからこそ、気になるポイントを一度クリアした定番品は、使ってみて実用的だと納得できればリピート買いする傾向にあるんだと思います。せっかく時間をかけて選んだというのもあるけれど、似たような条件下であれば、また時間をかけて選びなおしたとしても、回り回ってまったく同じものを選ぶ可能性が非常に高いからです。

この食洗機用洗剤なんて、何年リピートしているんだろう……。

あ、でも、来年以降、月曜始まりのカレンダーに新バリエーションが続々登場することになったら、もちろん選びなおしますよ! 今回選んだカレンダーが気になるポイントをクリアしていたといっても、かろうじて、ですからね(汗汗)

われながらめんどくさいやっちゃな。とは思います(照)

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ 

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です