機能性+ファッションや持ち物とのバランスを考えて……この水筒に決めました

ちょっと間が開いてしまいましたが、新しく買った水筒(子ども用)は↓こちらです。

息子くんの夏用水筒はTHERMOSの1リットルタイプ。カバー付きにしました。

大人的には正直なところ「ぎょっ」とするデザインです(キャップにキラキラパーツまで付いている)。

これでもTHERMOSの全カタログを見て、もっとも「気になる点が少ない」ものを選んだつもりです。たとえば、

  • キャップは消耗品でいずれ交換できる(←キラキラなしのキャップが選べる)
  • 変なロゴがない(←わたしは意外とフォントのデザインが気になります)
  • カバーを取ったら本体はモノトーン(塗装はそのうち剥げますが、モノトーンならまだ目立ちづらい)
  • 白黒グレー以外で使っているのはイエローだけで、比較的色数は少ない(イエローなら息子くんの普段の格好に合わせやすい)

息子くんの普段の服↓

息子くんのサブバッグ↓(ランドセルは黒)

荷物の量で広げられる撥水トートバッグ

息子くんのお弁当箱↓

これらに比較的合わせやすかったのが、これでした↓

カバーをつけなくてよいなら、これ↓がまだマシだったのだけれど、水筒を落としまくるのでカバーはあった方がいいし……。そもそも、このモデルは廃盤になっていたし……。

ブラックは廃盤ですが、なぜかブルーならある……。

もう少し「普通」のデザインに、なぜできないのかと残念に思うものの、息子くんは派手な見た目も気に入っている模様(汗)

と、ぶーすか文句を言いつつも、やっぱりまたTHERMOSを選んだ理由は、その保温・保冷力の高さ、丈夫さ、衝撃的な軽さ、キャップの開閉しやすさ、パーツの買いやすさ、サービスセンターの対応のよさ、そしてもちろん価格など、総合的な納得感が高いと思うからです(←つまり、デザイン以外はすべていい)

サイズについても悩みました。

小学生になると、水筒は600ml、800ml、1Lのいずれかを選ぶご家庭が多い様子。

600mlだとランドセルに入れやすいのが○ けれども、真夏や運動会、遠足などでは足りないとの声が多いようでした。

1Lは大きい分、少し重いです。けれども、真夏やスポーツをするときなどは、このくらいあったほうが安心な様子。

子どもたちを見てると、その間をとって800mlを持たせているご家庭も多いなと感じました。

わが家が1Lを選んだ理由は……春夏は1Lタイプ、秋冬は新たに500〜600mlタイプを買って、季節によって使い分けようと思ったからです(2本持ちにするなら、600+800より、600+1000のほうが、なんとなく違いがはっきりしていてよいような気がするという「なんとなく」の気分で)

2本持ちにしようと考えている理由はもう1つありまして、実は「忘れ物対策」でもあります(汗) 息子くんは一度、学校に水筒を忘れてきたことがありました。大人だったら「じゃあ、今日はペットボトルで」と言いたいところですが、小学生には小学生のルールもあるようなので、スペアとして2本持ちにすることにした次第です。

といいつつ、まだもう1本は購入していません。これもまた、もっとも「気になる点が少ない」ものを選ぶという、あまりウキウキする選択ではないので、秋頃なって必要に迫られたら考えたいと思っています(ギリギリまで先延ばし)

にほんブログ村テーマ モノ選びの基準へ
モノ選びの基準

こちらも参考に↑

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ 

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です