照明の色は天井・壁・カーテンと揃えると圧迫感DOWN

昨日、照明について書いたついでに、今日はわが家のペンダントライトについて:)
わが家のペンダントライトは、リビングと子ども部屋(元書斎)の2つです。いずれも3年前、このマンションに入居する際に購入しました。
選ぶ時にこだわったのは、光の落ち方がきれいなもので、さらに:
・天井と壁、カーテン(壁紙に合わせた淡グレーホワイトのバーティカルブラインド)の色を邪魔しない白一色
・ソケットコードの色も、同じく白
でした。
わが家は元々、フローリングがブラックだという事もあり、せっかく天井と壁、カーテンが白で抜け感があるのに、コードの色をブラックにしてしまうと、ブラックがリピートされてうるさい感じになると思ったんです。
もちろん、広いお部屋だったり、照明をアクセントにしたかったり、そもそも照明本体が黒かったり…など、あえてブラックがよい場合もあると思います。ブラックの方が、長期的に使う場合は経年劣化が低い、というおまけ付き。
IMG_8563.jpg
わが家のリビングのペンダントライト↑
IMG_8569.jpg
子ども部屋のペンダントライト↑
でも、わが家の場合は結果的に白いコードでよかったかな♪と思っています。意識しないと照明があえて目に入ることがないので、圧迫感が低いような気がします:)
あ、それからソケットコードについて、当時悶々としたのが長いソケットコードを束ねるリールについて。意外と黒やシルバーのものが多いうえ、やっと白をみつけても、長〜いコードを巻き取れるものは大きすぎて視覚的に邪魔くさかったり…。
本来なら、購入時にコードをカットしてもらうか、少したるませて天井にとめればスマートなのでしょうけれど、なかなかうまくゆかないものです。
それでアレコレ調べていたとき、「すっきりとしたソケットコードの束ね方」なるものがあることを発見しました(こちらのお店の説明がわかりやすいと思います)
これだと模様替えや引っ越しで天井高が変わっても対応できるし、なにより余計なリールが付かないのが◎ おまけにコストもかかりません♪
長過ぎるソケットコードでお困りの方がいらしたら、ぜひ試してみてくださいね♪

「読んだよ♪」のしるしに、ポチッしていただけるとうれしいです:)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です