たくさんあるほうが管理しやすいもの(その2)

先日の、「たくさんあるほうが管理しやすいもの」シリーズ、その1に共感してくれる人が意外と多くて、なんだかうれしい今日この頃。

ライフオーガナイザーのfacebookページでは、西野かおりさんが「うちは菜箸がいっぱいありますよ」と教えてくれました。

そういえば、わが家の菜箸もまぁまぁ多いです。木製が3セット、シリコンが2セット。これも多少ゆとりがあるほうが、わたしも管理しやすいように思います。

そして、本日の「たくさんあるほうが管理しやすいもの」シリーズ、その2は「まな板」です。5枚あります。

下の写真、手前はオリーブの木のカッティングボード(まな板)。左の大きいサイズが一番よく使っているもの、真ん中はフルーツ、右はパン・チーズを切るときに使っています。中・右はそのまま食卓に出すこともよくあります。

奥の黒いまな板はEPICUREANのもの。ニオイや油分の強いものや、肉・魚を切るときに使っています。EPICUREANは食洗機対応、熱湯OKなので、やっぱり安心、手軽。ただし!包丁のあたりが硬くてカッティング音も大きいので、長時間使っていると疲れます(個人差あり)

これをすべて一枚のまな板でまかなおうとすると、調理中かなり忙しいことになりそう。段取りよく食材を切っていけばいいのでしょうが、野菜を切って→にんにくを切って→魚を切って→切り忘れていた野菜をまた切って…みたいなことがよくあるわたし。複数枚まな板があることで、調理中もマイペースでいられる気がします。

ところで、EPICUREAN…。

 

使い方の問題かもしれませんが…10年くらい?たつと、全体的に白っぽくなってきます。その点、ずっと「真っ黒」でいてほしい人は不満に思うかもしれません。

ちなみに、上の写真のEPICUREANが黒いのは、洗ったばかりだからです:)

と、上の写真を撮っていて、気づいたことがあります。オリーブの木のお肌がカサカサ。なので、オイルを含ませた布で全体的に拭きました。

あとは、オイルが染み込むまで風通しのよい場所に置いておくだけ。オリーブの木は本当にメンテナンスが簡単です。

これまで、ヒノキや杉、ゴムの木といった木製まな板を、カビや亀裂で何枚もダメにしてきたわたしですが…(とほほ)、オリーブの木だけは何年も使い続けることができています。木の密度が高いため頑丈で、水分を吸いすぎず、乾燥させやすいからかもしれません。相性のいい道具に出会うと、何年経っても、使うたびにいい気分でいられるのがうれしいですよね:)

にほんブログ村テーマ
シンプルな道具たち

いい道具って、見た目がシンプルなのはなぜ↑

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ 

トラコミュ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース
トラコミュ 子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です