カップボードの造作と足し算の補正~入居前プチリノベーション(4)

わが家のプチリノベーションシリーズ。第4回は場所をキッチンに戻して、カップボードの造作についてです。

これまでの記事↓

カップボードについては、デベロッパーが”オプション”として用意しているものを取り付けるのが一番シンプルだと思います。でもそうなると、カップボードの天板もよっちゃん↓ということになるんですよ。これ以上、よっちゃんは増やしたくない。

ということで、プチリノベーションの際、カップボードもあわせて造作してもらうことにしたんです。置くものはだいたい決まっているので、機能面でのわたしの要望を図におこしてphyleさんに伝え、デザインに落とし込んでもらいました。

カップボードの仕様は、

  1. 吊り戸棚(ソフトクローズ機能、耐震ラッチ付き。棚板は3枚で、可動式に)
  2. 作業台(吊り戸棚と作業台の間隔は50センチ=手持ちのミキサーが置ける高さ。壁面にはコンセント)
  3. 作業台下の収納スペース(買い替え予定のゴミ箱置き場、手持ちのオーブンと将来買い替え予定のオーブンのいずれでも設置できる稼働棚とコンセント。引き出しは予算の都合上なしに)
  4. カップボード横に冷蔵庫スペース(手持ちの冷蔵庫と将来買い替え予定の冷蔵庫のいずれでも設置できるサイズに)

当初は冷蔵庫上にも棚をつけてもらおうかと思ったのだけれど、見た目&予算調整のためなくしました。

吊り戸棚の棚板は3枚。見た目は悪いけれど使い勝手のよいガチャ柱で可動式に。耐震ラッチやソフトクローズ機能は後付けできることもありますが、どうせ取り付けるならプロにお願いするほうが安心
気に入っていたブラバンシアのゴミ箱を置く場所がどうしても確保できず、買い替えてカップボード下に置くことに。ブラバンシアのゴミ箱はなんと!買い取ってもらうことができました(詳細は後日)

吊り戸棚のハンドルと照明は、「BLUE PRINT」の企画・制作もされているphyleさんオリジナルのもの。今後、個別販売の予定もあるそうです。

照明は当初、取り付ける予定はなかったのだけれど、キッチン天井の情報量の多さ(もともと付いている照明や火災報知器などの数と位置)が気になり……。

ここでは、「一部照明を取り外してクロスを貼り直す」という引き算の補正ではなく、「手前にアイキャッチを持ってきて視線を逸らす」という足し算の補正を行うため、後から取り付けることになりました。結果的に、これもうまく全体のバランスを取ってくれたように感じます。

それから、冷蔵庫とオーブンについては、設計時「まだしばらく買い替えなくていいかな〜」と思っていんたんですよ。これまで使っていたものをベースに、将来の買い替え候補になりそうな汎用サイズも収まるようにしていたのですが、結果的にどちらも入居して買い換えることになりました。家電については話が長くなるので、リノベーションのお話とはまた別の機会に〜。

リノベーションのお話は「つづく」。

にほんブログ村テーマ
リノベの生活

にほんブログ村テーマ
リノベーションを楽しもう

にほんブログ村テーマ
リフォーム、増築、改築

にほんブログ村テーマ
新築・リフォームの間取りアイデア

こちらも参考に↑

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ 

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です