日本人女性の約半分がつくれない「エクオール」。検査キットで調べてみました

突然ですが、「エクオール」ってご存知ですか?

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分だそうです。豆腐や納豆などの大豆製品に含まれる「ダイゼイン」という成分が、腸内細菌によって変換されることでエクオールになるとのこと。

なのですが、大塚製薬のサイトによると「日本人女性の約半分はこの腸内細菌を持っていないため、エクオールをつくれません」。

骨や血管を強くしたり、肌や髪にツヤを与えたりしてくれるエストロゲンの分泌量は40歳前後から急激に減少します(わたしは46歳。減少世代)。エクオールをつくれる人は大豆製品をとることでカバーできるけれど、つくれない人は……。

自分自身がエクオールをつくれるのか、つくれないのかをチェックするキットがあるというので、試してみました。

検査キットは「ソイチェック」というもの。シンプルな尿検査です。

amazonでも買えます↓

結果は……

「Level 2」ということで、残念ながらつくれていませんでしたーーーっ(滝汗)

そんなわけで最近は毎日、エクオールのサプリメント「エクエル」を摂取しています。

容器入りタイプ↓は場所をとるので……

パウチタイプ↓でストックしてます。

……と書くと、美意識の高い人みたいですが、実はこれには理由があります。なが〜くなるので、以下はおヒマな方だけどうぞ。

 

一年くらい前のことです。

寝ても覚めても、左手の親指の付け根がズキズキ痛くなったので、病院に行ったんです。レントゲンを撮ったり、血液検査をしたり……。診断結果は、

「指の使いすぎ。なるべく手を使わないようにしてください」

って、無理!(汗汗)

鎮痛剤なども出してもらったものの治らず、いよいよ困っていたときに、夫が見つけてきてくれた病院が「四谷メディカルキューブ」の手の外科(最上階はフレンチのミクニ マンスール)。

専門の先生に見てもらったら、すぐに原因がわかりました。診断結果は、

「更年期障害です」

って、ひどし!(汗汗)

そこで処方してもらったのは、なんと「漢方」。こんなんで治るのだろうかと疑っていたのですが……ハイ、治りました。更年期でまちがいありません。

まぁまぁショックではありましたが、すっかり治って安心していたら、あるときからまたしても指痛再発(漢方は継続していたのに)。

また先生に相談したら、今度は「エクオール」の検査をすすめられた……というわけなのです。

年齢を重ねてエストロゲンが減ることで、関節に炎症が起こりやすくなるのだけれど、エクオールを体内でつくれる人は、大豆製品をこまめに摂取することで症状が改善する可能性があるのだとか。

逆に、体内でつくれない人は、サプリメントとしてエクオールを摂取すれば、同じように症状の改善が期待できるとのこと(病院では、臨床試験の結果があるということで大塚製薬の「エクエル」指定でした)。実際に、わたし自身も「エクエル」を摂取することで、指の痛みは治りました。

ちなみに、検査は昨年9月に行って、サプリ摂取は10月はじめから。現在4カ月くらいです。先生のすすめで漢方は12月までで終了しましたが、痛みの再発はありません。

 

そんなわけで、「お年頃」になって関節の痛みを感じるものの、病院では不定愁訴扱いされる……という人の参考になればと思い、ブログにまとめてみた次第です:)

と言っても、あくまでもこれは個人の感想なので、まずは手ゆび専門の医師にご相談くださいよ〜。

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ 

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です