草間彌生展の混雑状況と、子ども連れ限定!休館日の「キッズデー」について

本日は月曜日……ですが、祝日なので、整理収納ネタはお休みして、先日見てきた草間彌生展について。

イベント詳細:
「草間彌生 わが永遠の魂」展 
国立新美術館
東京都港区六本木7-22-2
会期: 2017年2月22日(水)- 5月22日(月)
休館日: 毎週火曜日  ※5月2日(火)は開館

国立新美術館の正門付近↓

たくさんの木に水玉リボンが巻き付けられていて、すでに草間ワールドの気配が。

入ってすぐの部屋では、携帯・スマホによる撮影OK。壁4面に「わが永遠の魂」シリーズがっ!!!

撮影はできなかったのだけれど、展示会場内には「《No. AB.》1959年 豊田市美術館蔵」っていうのがあって、猛烈にすてきでした。よーーーく見ると、特大サイズのキャンバスいっぱいに、小さな水玉がたくさんたくさん描かれてるんですよ。誰かがひとりで、長い時間をかけて自分と向きっ合った末に生まれたものって、見るだけで感動します。さぶいぼ(=鳥肌)が立ちました。「無限の鏡の間」も楽しかった!

会場を出てすぐには「オブリタレーションルーム」が。

入り口でシール↓を渡されて、おのおのが自由に貼る…というものです。

わたし達が訪れたときにすでにこんな状態↓ 重ね貼り、隠し貼り、ぶら下がり貼りなど、あっと驚く貼り方もあって楽しかったです:)

その後は、展示会場奥の出入り口を右に曲がってボードウォークを歩き、千代田線乃木坂駅方面へ。乃木坂のチケット窓口裏の野外展示場に、オレンジの「南瓜」があります。

個人的には、大人はもちろん子どもも十分楽しめる内容だと思いました。

混雑状況についてですが、この日は3連休の初日、昼過ぎに出かけて入場10分待ち。展示場内はかなり混み合っていました。当日券購入の列は40〜50分待ちだったので、セブンチケットやローソンチケットなどで事前に購入してから行くとよいと思います(当日即発券)。ご参考までに、ショップのレジ待ちは30分くらい…。

今回の展示会は巡回がないとのことで、ゴールデンウィーク中は全国から草間ファンがやってくる……という噂。その際はかなり混雑するでしょうから、東京近郊在住で興味のある方は早めに来場されるとよいかもしれませんね。

それからこちらはHPより抜粋です:

「キッズデー」開催!

中学生以下(※観覧料無料)のお子様と保護者の方のみご観覧いただくことができる特別な機会として、休館日に臨時開館します。
当日は子どもが主役。春休みのミュージアム・デビューを応援します。

日時:2017年3月28日(火)10:00~16:30(入場は16:00まで)
対象:中学生以下のお子様および高校生以上の保護者。
※未就学児は保護者同伴での入場をお願いいたします。

※中学生以下は無料。高校生以上の保護者の方および付添の方は本展観覧券が必要です(半券不可)。
※障害者手帳をご持参の方(付添の方1名を含む)は無料。
※3月28日(火)は休館日につき館内のレストラン、カフェの営業はありません。
※当日券の販売あり。
※事前申込不要。

これなら子ども連れでものんびり見られそうですよね:)

にほんブログ村テーマ
美術館、博物館、ミュージアム

にほんブログ村テーマ
子連れで、お出掛け

にほんブログ村テーマ
子連れでお出かけ☆

美術館内にあるカフェやレストランもとってもいいけれど、すぐそばに昨秋オープンした、緑に囲まれたBLUE BOTTLE COFFEEもおすすめですよ:) 場所はここ

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ 

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です