旅先で「これは買っていい」と決めているお土産

旅に出ると、かわいいもの、素敵なものが目につきます。ここでしか買えない!と思って、あれもこれも持ち帰ると、それでなくても狭い家が大変なことに……。

というわけで、わたし@狭い家在住は、旅先でのお買い物にプチルールを設けています。

■ ルールその1  事前に名産品・特産品を調べて「これは!」というものがあればリストアップしておき、現地でピンッとくる出会いがあったら買ってよし!

山梨は、富士山に自生するすず竹を使ったざるやカゴが有名だそうです。ここ2年ほど、直径27〜30センチくらいで深さのあるカゴがほしいと思って探しているので、旅先でピンッとくるものを見つけたら買って帰ろう!と意気込んで出かけました。……が、今回は残念ながら、よい出会いがなく見送りました。カゴ探しの旅は続く。

こういうのに、果物や食パンを入れたい……(そのうち)

富士山のすず竹細工 米とぎ深ざる 五合

【100円offクーポン】山梨 富士/スズ竹 椀かご 中

■ ルールその2 食べ物や消耗品など、短期間で消えてしまうものは買ってよし!

これはわかりやすいです。食べてなくなるものや、使って消費してしまうものであれば、旅先の浮かれた勢い?で買っても、ものは(後悔も!)残りません。

今回だと、先述の甲州ワイン(夫へのお土産)と信玄餅のほか……

澤田屋の「くろ玉」(青えんどう豆を煮て練った「うぐいす餡」を黒糖羊かんで包んだもの)。山梨では信玄餅くらい有名なようで、あちこちで見かけました。見た目がコロンとしていてかわいく、美味! 単なる「土産菓子」レベルではないお味でした。これはまた食べたい。

澤田屋HPより。

金多留満の「季節限定 春富士羊羹」(桜の花びらの塩漬けと抹茶で春の富士山を模した流し羊かん)。2月上旬~4月中旬の期間限定菓子です。味は普通の桜羊かん…ではあるものの、新緑の富士山と桜ピンクのコンビネーションが、ずっと見ていられるほどかわいい。わが家で女子に出したら歓声が上がりました:)

金多留満HPより。

金多留満ではほかにも、「稚児の舞」(富士桜の塩漬けのわらび餅で抹茶餡を包んだもの)と「雲海龍」(小豆と栗の羊かんのうえにわらび餅を重ねたもの)も買って帰りました。このお店はとにかく、お菓子の見せ方が上手だった〜。

息子くんには、「めでたや」で千代紙(消耗品)を。手渡したとたん、大喜びで折りまくっていました。もうちょっと長く残っていてもいいのだけれど……。

■ルールその3 かさばらない、小さな食器や花器は買ってよし!

たとえば豆皿や片口、おちょこや箸置き、作家ものの一輪挿しなど、小さな食器や花器は、ピンッとくるものがあったら買っていいことにしています。

こういう小さなものって、逆に普段は探しても見つからなかったりするんですよね。それが旅先だと、気持ちに余裕があるからか、「あら、かわいい」と感じるものを見つけやすい気がします。今回は、富士山の箸置きを買いましたよ。

旅行=買い物ではないので、必ずしも何か買って帰る必要はないんですよ。ないんですが、「うちは狭いから何も買って帰っちゃダメ!」みたいなストイックなルールにしてしまうのは寂しいし、「旅の記念に何か買って帰らなきゃ!」と焦って普段よりもの選びの基準が下がり、変なものを持ち帰ってしまうのも避けたい。

さまざまな失敗を経た結果、このくらいのゆるいルールを決めておくのが、今のわたしにはちょうど合っているように感じます。

にほんブログ村テーマ 手みやげ・お土産・おもたせへ
手みやげ・お土産・おもたせ

にほんブログ村テーマ みーつけた!旅行のお土産。へ
みーつけた!旅行のお土産。

こちらも参考に〜↑

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ 

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です