時間の片づけに必要な「たったひとつ」のこと

IMG_1546

今となっては、「時間の片づけ」って嫌いじゃありません:)

小学校2年生から片づけ好きだったわたしですが、時間の片づけは苦手なまま大人になりました(汗汗) 出版社勤務の25〜26歳ころ、「終電ギリギリに駅まで走って帰る」生活に疲れ果て、自分なりに時間管理の仕方を見直した次第です。

そういえば、以前にも書いたことがありました:

時間がない人の共通点

現在44歳なので、あのときから約20年。今でも日頃はダラダラ過ごしておりますが、「スイッチ」が入った瞬間、ひとりのときでも、家族と一緒のときでも、もう少し数が増えたときでも、そこそこ時間の片づけができるようになった気がします(たぶん)

そんな、元(時間を)片づけられなかったわたしが言うのもアレですが、いやわたしだからこそ言いたい! 時間を片づけるうえで大事なことは:

「時間が見えるようにする」

に尽きると思います(あ、なんだかエラそうに、普通のことを言っているわたし…汗。しかも自分だってできていないことが多々あるのに、ですよ?)

IMG_1540

余談ですが、今年のスケジュール帳とiPhoneカバーはMoleskineで統一してみました。おぢちゃま度満点ですが(汗汗)iPhoneカバーはパスモも入れられて超便利です。

物事を時間通り進めるうえで「しなくてはならないこと(出勤前の準備だったら「着替える」「朝ごはんをつくる」「朝ごはんを食べる」とか)」にかかる時間を見積もり、いつ、なにをすれば、時間通りに進められるのか、ひとりのときは自分がわかるように見える化し、大勢いるときは関係者がわかるように見える化し、その通りに動いていれば、少しずつ、少しずつ時間は片づいていきます。

「空間」と違って目に見えないからこそ、意識的に「時間が見えるようにする」ことが大切なのかもしれません(先天的に時間管理が得意な人は、これを脳内でやっているように感じます)

そして、4月から新生活をスタートさせる、わが家の息子くん。希望の保育園に転園できるという連絡をいただいたのですが、本人は今通っている保育園をとても気に入っている様子…(親もとても気に入っています) いろいろ考えた末、あえて同じ園に残ることにしました。

そんな彼も、年齢的にいうと幼稚園の年少さんになります。5月生まれということもあり、自分で服を選んでお着替えしたり、トイレに行ったりはできるようになったものの、当然ながら?なんともかんとも「時間の感覚」がありません。

時間の感覚のない人に口うるさく「早くして」って言うのは、片づけられない人に「片づけて」っていうくらいむなしいことなので(汗汗)、小さな子どもにも「見える」スケジュール表を作ろうと思っていたちょうどそのとき!

片づけ収納.com編集チーム仲間の中村さんが、「やることマグネット」を限定数販売するというではないですか! 先輩ママである中村さんちでうまく機能しているなら、うちで見習える点も多いはず…ということで、さっそく注文させていただくことにしました(残念ながら?完売しています)

IMG_1549

届いたマグネットはこちら↑ 100円ショップでマグネットボードもゲットしてまいりました! 4月からの新生活に向けて、ボードをカスタマイズして、わが家の暮らしに取り入れてみたいと思っています。その効果?についても、改めてご紹介させていただきますね:)

時間の片づけの何がいいって、たとえそれが「着替える」「朝ごはんを食べる」といった些細なことでも、積み重なることで目標達成できるから、毎日小さな充足感が得られるところ:) 息子くんにも、そんな達成感を味わってほしいなぁと思っています。

トラコミュ 入園準備
トラコミュ 入学準備品
入園、入学準備の参考に↑ 

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ 

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です