備える、タワーマンション。「都心に住む」取材記事掲載のお知らせ

みなさんは、「タワーマンション」と聞いて、どんなマンションを思い浮かべますか?

実は、タワーマンションという言葉に明確な「定義」はありません。タワーマンションの定義|タワーマンションガイド – nomu.com によると:

タワーマンションという用語自体に法的な基準はなく、階数による定義などもありません。

しかし、建築基準法や消防法などでは、31m、60m、100mと、建物の高さによって異なる基準が設けられています。

一般的には、このうち高さ60m以上の建物が超高層建築物とする考え方が広まっており、これに該当する住居用建築物をタワーマンションと呼んでいます。 高さ60m以上のマンションは、階数にするとだいたい20階建て以上になります。

つまり、「タワーマンションとは、高さ60m以上、階数でおよそ20階建て以上の住居用建築物である」と考えてよいでしょう。

とのこと。

そんなタワーマンションの「災害対応力」について、リクルート発行の雑誌「都心に住む」で、取材、執筆させていただきました。

今回、お話を伺ったのは、タワーマンションの管理組合や防災センター、東京23区のなかでもタワーの増加が著しい中央区の防災課、マンション構造に詳しい建築家の方や、防災対策を強化するデベロッパーなど。

その高さゆえに、地震や火災に対する脆弱性が指摘されることの多いタワーマンションですが、取材を経て「一概に脆いとはいえない」と感じました(もちろん、だからといって「一概に強いともいえない」のですが)。

ご紹介がすっかり遅れてしまい……なんと先々月号のことでした(滝汗)

都心に住む by SUUMO (バイ スーモ) 2018年 5月号

現在タワーマンションにお住まいの方や、将来タワーマンションに住みたいとお考えの方の参考になれば幸いです。よろしければチェックしてみてくださいね。

ランキングに参加しています。
ポチッしていただけると↓もうちょっと?更新がんばりますっ:)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ 

にほんブログ村テーマ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

– – –
著書を出させていただきました:)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です